100mile

Tagged
2022信越五岳トレイルランニングレース②
■ アパリゾート~黒姫(101km)  しばらくはいいペースで走るが、なにやらお腹が痛い‥。コース途中の公衆トイレにピットイン。 暑さに備えて、意識的に水分を多くとっていたけれど、それが悪かったかな? この時点では大事になることもなく、無理のないペースで走り続ける。 青少年自然の家で、先行していた〇井くんと遭遇。ボクよ...
2022信越五岳トレイルランニングレース①
信越五岳トレイルランニングレース100マイルに参加。 結果はどうにか完走。ひどくお腹をこわしましたが。 最近まともに走り切れていないな‥。 ■ 事前準備 ONTAKE100マイルを仲良くDNFした○井くんと敗因(DNF=対自分への敗北)について話してみた。 結果、最近、100マイルへの油断がハンパない、という結論にたど...
ONTAKE100マイル ~③二周目~
■ 引き続き2周目へ 余分な距離を走ったとはいえまだ序盤。 ペースは今のところ安定している。 1周目を走り切って松原スポーツ公園に戻るも気持ちの整理はついていない。 しかし、明け方4時に止めても、どこにも行く当てがないのもあり2周目に進むことにする。 もしかしたら、気分を持ち直すかもしれないし。 しかし、やっぱりという...
ONTAKE100マイル ~②一周目~
■ スタートまで 雨は激しく降ったりやんだり。まぁ、例年似たようなもので特に感慨もなし。 ■ スタート後 とにかく飛ばさないように自重しながら進む。自重しないと後半、いやそれどころか半分ほどで疲れてしまうのは明らか。 鼻呼吸で、少しでも息遣いが乱れるようであればペースを落とす。 水分摂取はこまめに。 ピッチは意識しない...
鴨川100マイル、のはずだった②
■ DNFまで この時点でキロ6分がやっと。まともに走れないので大体キロ7分以上。 這う這うの体でエイドにたどり着き、長い休憩をとる。とはいえ、期待以上の復活などない。 再び走り出すが、ペースはさして変わらず。 こうなった原因やら、この後の展開やらいろいろ考える。 まぁ、こういう時に考えを巡らしても結局は「止める」とい...
鴨川100マイル、のはずだった①
「鴨川100マイル」に参加しました。 結果は、見事な失敗。ここまでハッキリとした失敗はちょっと覚えがありません。 まぁ、ハッキリとした成功もないけれど。 ■ スタート前の展望 鴨川の河川敷を行ったり来たりする今回の大会。 距離165キロ、累積標高約750m。ほぼ平坦なコース。 ペースを一定に保つことができ、同じところを...
2022球磨川リバイバルトレイル ~⑦A6エイド(141K)からゴールまで~
明るくなるちょっと前にA6エイドに到着する。 ここからは小さめな山を3つ登れば最後のエイドに到着する。最後のエイドからは平坦なロードだから、もらったようなものでしょう♪ あれこれ準備していると、スタッフさんか他のランナーさんかから「最後の山は、標高は低いけれどハードだ」みたいな声が聞こえた。 当たり前だが、簡単には行か...
2022球磨川リバイバルトレイル ~⑥A4エイド(100K)からA6エイド(141K)まで~
下りきったらA4エイド。 エイドに到着したら、やることがいろいろある。 ジェルなどのゴミを捨てる、ジェルを前ポケットに詰め替える、状況に応じて必要なウェアの出し入れetc‥ いつもは、疲れもあって忘れてしまう作業も多い。特にゴミ捨て。ゴミ捨てを忘れて次のエイドまでゴミでパンパンに膨れ上がったランパンで走らなければならな...
2022球磨川リバイバルトレイル ~⑤A3エイド(66K)からA4エイド(100K)まで~
エイドでドロップバッグに用意してあったジェルなどを新たに持つ。 ただ、ドロップバッグのある唯一のエイドが66km地点と言うのがちょっと不満。 約1/3地点にあるエイドなので、残り2/3分の補給食を携帯しないとならない。 自分は1時間に1個のペースでジェルを摂取していたから、およそ20個以上を新たに持つことになった。 こ...
2022球磨川リバイバルトレイル ~④スタートからドロップエイド(66K)まで~
朝の4時にスタートなので、まだ暗い。 心配されていた寒さは思ったほどでもない。 ちょっと考えて、シャツの上にレインを羽織り、下はランパンのままでスタートすることにする。 スタート前に必携品を忘れたのに気づく。あわてて取りに戻って最後尾からの出発となる。 しばらく舗装路と林道の坂道を上る。鼻呼吸を意識して、無理にペースを...